中絶費用がない!今すぐ内緒でお金を工面する方法とは?

MENU

中絶費用がない!今すぐ内緒でお金を工面する方法とは?

中絶費用が足りませんか?→30日間無利息でお金を借りる

 

予定外の妊娠で、経済的にも余裕がなかったため、中絶を決心。
しかし、そこでもまだ問題が。
中絶費用がない。
出産・結婚・育児に必要なお金はもちろんですが、中絶するために必要な費用すら捻出できない。中絶費用がない場合、出産するしか無いのか。この記事は、そんな悩みをお持ちの方にこそ読んでいただきたいものです。

 

出産は殆ど無料

自治体やその人の状況にもよるので、一概には言えないのですが、出産する場合は、出産一時金というものが支給され、実質的にはほとんど無料で出産できます。出産では、おおよそ40-50万円程度の費用がかかると言われています。これは、出産では、風邪などの通常の病気と違い、健康保険が適用されないからです。そこで、お金が無いなどの理由で出産を諦める人が少なくなるように、出産一時金が1人当たり42万円が支給されます。そのため、殆ど無料で出産する事ができます。

 

中絶は沢山のお金が必要

それに対して、中絶には沢山のお金が必要になります。中絶も出産と同様、健康保険が適用されません。従って、全額自己負担となります。これも一概に言うことはできないのですが、妊娠初期(およそ11週目程度)までに中絶手術を受ける場合で約20万円程度、妊娠12周目以降になると約30万円程度が必要になると言われています。

 

キャッシングを活用

では、諦めて出産するしか無いのでしょうか。
中絶すると決心したが、中絶費用がない。出産すると、最初はお金が要らないが後々必要になるし。そんな方におすすめするのが、「キャッシング」です。今はお金がなくても、給与などで後々まとまったお金が入ってくることが分かっているなら、お金を返済することはそう難しくないはずです。中絶は手術の時期が早ければ早いほど良いとされています。キャッシングをするのは憚れるかもしれませんが、体のためにも、早めの決心が必要です。